三郷市で交通事故に遭った時になんの保険が使えるのか?三郷市三郷たいよう鍼灸整骨院

三郷市で三郷駅近くにある三郷たいよう鍼灸整骨院では、交通事故に遭われた患者様も来院しております。

 

【三郷市で交通事故に遭った時になんの保険が使えるのか?】

 

交通事故に遭った時に使える保険の種類

①加害者側の自賠責保険

自賠責保険は、加害者の資力が乏しい場合でも、被害者が補償を受けられるようにするために国が定めた保険制度で、自動車やバイクの保有者が必ず加入しなければならない強制保険です。

補償の対象は、人に対するものに限られますが、被害者側に100%過失があった場合、自動車の修理費などの物損については補償されません。

 

②加害者側の任意保険

・対人賠償保険

交通事故によって歩行者や相手の自動車の搭乗者を怪我・死亡させ、法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合の損害を補償してくれる保険です。

補償の対象は他人の損害に対してのみなので、事故の相手が家族の場合は対象外となります。

・対物賠償保険

交通事故によって相手の車両や家屋など、他人の物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合に保険金が支払われる保険です。

修理費だけでなく、お店に車が突っ込み、休業した場合の休業損害などの間接的な損害も補償されます。

 

③被害者側の任意保険

・搭乗者傷害保険

保険契約している自動車に登場している最中に交通事故に遭い、怪我したり死亡したりした場合に、契約金額に応じて定額で補償される保険です。

運転者が家族の場合、対人賠償保険では補償されませんが、搭乗者傷害保険では補償を受けることができます。

・人身傷害補償保険

交通事故により怪我・死亡した場合に過失割合に関係なく損害が補償される保険です。

契約している自動車ではない他の自動車を運転している時や、同居する家族が歩行している時の事故であっても補償されます。

治療費、休業損害、慰謝料、過失利益などが補償され、加害者側との同意を待たずにスムーズに保険金を受け取ることができます。

・自損事故保険

自賠責保険では補償されない相手がいない事故での損害を補償してくれます。

・無保険車傷害保険

交通事故の対手が対人賠償保険に加州していない場合に保険金が支払われる保険です。

 

怪我の治療は交通事故の場合でも健康保険を使うことができます。自由診療を勧めてくる病院もありますが、健康保険を使えないということはありません。加害者側の任意保険会社が対応してくれない場合には、必ず健康保険を使うことを申し出るようにしてください。

仕事中や出勤中の事故の場合には労災保険が使える場合があります。

 

交通事故に詳しいスタッフもおりますので、解らないことがありましたら当院スタッフにご相談ください

 

「交通事故ページはこちら」

 

「三郷たいよう鍼灸整骨院公式ページはこちら」

 

 

 

 

 

 

三郷たいよう鍼灸整骨院

〒341-0024埼玉県三郷市三郷1-5-4 代表施術者:後藤崇(柔道整復師)