寝起きの時だけしびれている場合の対処法 三郷市三郷たいよう鍼灸整骨院

こんにちは!三郷たいよう鍼灸整骨院です。
【寝起きの時だけしびれている場合の対処法】
毎日、朝目が覚めたら手がしびれている症状でお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は朝起きた時に感じる手のしびれについてお伝えしていきたいと思います。
毎朝起きる時に両手がしびれるという方以外に日中はすごく肩や首が凝るのが気になるという傾向があります。
まず初めに知っておいていただきたいことは、朝起きたときだけ手がしびれがあるけど日中は全然問題がないという場合でも放っておかないほうが良いということです。
なぜかといいますと、朝の手のしびれをそのままにしておくと
日中もしびれが取れなくなるような大きな問題に発展する可能性があるからです。
朝しびれが出やすい方の原因を紹介していきます。
1)朝起きたときの手のしびれの原因
①血管の問題寝ているときの姿勢などで血管が圧迫され血流が悪くなりしびれが発生します。
腕がからだの下になっていたり腕を頭の方に上げて寝ていたり
自分の腕に腕枕をしていると起こる場合があります。
この場合は正座をしていて足がしびれて来る時と同じ原理で起こります。
枕が合っていなくて首のまわりの筋肉に緊張が起こり血管を圧迫して起こる場合もあります。
特徴としては手や腕が全体的にしびれるということが多く見られます。
②神経の問題
手首や肘、筋肉や腱の間を通る時に神経が圧迫を受けてしびれが起こる場合。
手の指の小指以外、小指と人差し指だけ、特定の部分だけ
しびれるということが多く見られます。
この場合特定の部分というだけでなく右か左かどちらかだけということが多いです。
寝ているときの手の位置や寝姿によって引き起こされる場合があります。
頚椎の部分で椎間板の腫れや頚椎の骨の変形などによって起こる場合。普段の姿勢やからだの使い方によって頚椎に負担がかかり椎間板が腫れて飛び出して来たり、頚椎の骨に変形が起こったりすることによって神経が刺激され、それが寝る時の首の位置などで余計に神経を刺激してしまい朝にしびれが引き起こされます。

③神経と血流の問題が重複している場合
頚椎から出てきた神経が腕の方に向かう時に筋肉の隙間を通る箇所があります。
その筋肉の緊張のバランスが悪かったり部分的に硬くなっていたりすると神経が筋肉に挟まれたり鎖骨や肋骨などに挟まれたりしてしびれが起こる場合があります。
神経と同じところを心臓から上がって腕の方に向かう血管が通っており
その部分で神経と同じように、血管が筋肉や骨に挟まれて、血流の障害が起こる場合があります。
この場合どの指がしびれるということはなく、手のひら全体とか、指先から腕までしびれるという特徴があります。
しびれだけでなく、腕の重だるさや痛みを伴うこともあります。
今回はお家でもできる簡単な対処法をご紹介していきます。

まず理想的な寝る姿勢として、横向きで適切な枕を用いて、頸椎に過剰な側屈や回旋が加わらず顎を軽く引いた姿勢をとることが重要です。
自分自身の高さにあった枕を選ぶためにも、バスタオルで用いて高さを調整します。

理想的な仰向け姿勢になるようにバスタオルで傾斜をつくります。
肩口ギリギリまでバスタオルをいれて傾斜が15°〜20°くらいになるようにしましょう。このとき喉が詰まる感じがしないか呼吸が楽かもチェックしましょう。
次に仰向けから横向きの態勢になり頸椎の側屈が出ないのが理想的です。また腰がのび痛みが出る場合は、あおむけで膝の下に枕やクッションをいれると痛みが軽減しやくなります。

このような症状でお悩みの方はぜひ試してみてください。

三郷たいよう鍼灸整骨院

〒341-0024埼玉県三郷市三郷1-5-4 代表施術者:後藤崇(柔道整復師)