湿布を貼っていても肩こりが解消しない理由 三郷市三郷たいよう鍼灸整骨院

【湿布を貼っていても肩こりが解消しない理由】

三郷市で三郷駅から徒歩3分のところにあります、三郷たいよう鍼灸整骨院では日々様々な方がご来院されます。

三郷たいよう鍼灸整骨院に来院されている患者さまのなかには肩こりで悩んでいる方もおりますが、湿布を貼っているのに改善されないとの声をお伺いします。今回は"肩こりと湿布”についてのお話をさせていただきます。

よく湿布のCMなどで『肩こりに効く!』というようなものを目にすることがあると思います。また、湿布のパッケージにも効能の部分に『肩こり、腰痛、筋肉痛…』と記載されていますが、そもそも湿布は肩こりを根本から改善するものではなく、肩こりなどの症状を和らげる効果が強いというものになります。
あくまでも『湿布は痛み止め』ぐらいに考えておきましょう。
ただし、湿布は上手に使えば普段の肩こりの辛さを軽減させることが出来ます。

肩こり対策として湿布を利用するのであれば、基本的に温湿布を用いるように心がけてください。
温湿布とは貼ったときにポカポカと体温が上昇するように感じられる湿布です。
成分としてはカプサイシンと呼ばれる物質が含まれています。

カプサイシンは唐辛子にも含まれている成分であり、これによって湿布が貼られた部位が温かく感じられます。
温湿布が肩こりに良いとされているのは肩こりの多くが血行不良によって生じているからです。

長時間同じ姿勢を続けるといった原因で肩や首の筋肉が凝り固まると、そこから肩こりや首コリといった症状が生じます。凝り固まった筋肉をほぐすには、外側から温めてやるのが効果的です。

ただし、温湿布を貼るだけで筋肉そのものの温度が上昇するわけではないので、ストレッチなどの方法を組み合わせるようにしてください。

三郷たいよう鍼灸整骨院では、肩まわりの緊張をほぐす治療メニューもご用意しております。また、指圧の代わりにストレッチをお選びいただくこともできます。

頭痛、めまい、目の疲れなどの症状も肩こりが原因になっていることもありますので、お身体の不調でお悩みの方がおりましたら、お気軽に三郷たいよう鍼灸整骨院にお問い合わせください。

 

肩こりでお悩みの方はこちら

三郷市にあります三郷たいよう鍼灸整骨院公式サイトはこちら

三郷たいよう鍼灸整骨院

〒341-0024埼玉県三郷市三郷1-5-4 代表施術者:後藤崇(柔道整復師)