坐骨神経痛へブロック注射する場合の注意点は? 三郷市三郷たいよう鍼灸整骨院

三郷市で三郷駅から徒歩3分の所にあります三郷たいよう鍼灸整骨院では、さまざまな症状でお悩みの患者さまが来院しております。

 

坐骨神経痛へのブロック注射をする場合の注意点は?
まず、三郷たいよう鍼灸整骨院が知る神経ブロック注射についてお話をします。
神経ブロック注射とは、痛みの原因の神経に局所麻酔薬(切り傷を縫うときや、歯を抜くときに使う麻酔薬)と、少量の抗炎症剤やホルモン剤(炎症や腫れをひかせる薬)などを注射する方法です。それにより筋肉や組織の緊張をゆるめ、血液の循環を改善し、痛みの原因物質(発痛物質と呼びます)を洗い流し、炎症を抑え、人間が本来持っている自然治癒力を助けます。それにより痛みやしびれなどの症状を改善させるらしいです。
また、三郷たいよう鍼灸整骨院が知る神経ブロック注射には、種類があります。
皮膚表面のブロック~筋肉~脊椎神経のレベルでブロックするものまであり、使用する薬剤も、症状の程度により使い分けているらしいです。
そして、三郷たいよう鍼灸整骨院が知る神経ブロック注射がもたらす利点は、
治療を繰り返えすと、一回一回の薬の効果時間は短い(2~6時間)のに、次第に痛みは軽くなり、すっかり治ってしまうケースも多いらしいです。
基本的に、手術をしましょうと言われた患者様に行われる事が多いです。

最後に三郷たいよう鍼灸整骨院が知る神経ブロック注射を行う場合の注意点、それは、

※出血傾向がある。
三郷たいよう鍼灸整骨院に通われる患者様の内で、心臓の病気、高血圧などの持病がある患者様は、抗血小板薬や抗凝固薬のワーファリン、ワルファリンKを服用している場合が多い様です。
血液が凝固しにくい状況では神経ブロックを行うことは難しいらしいです。
これを無視して行うと深部に血腫ができて神経を圧迫し、気道を閉塞したりするなど重篤な合併症になる場合があります。
※局所麻酔薬中毒になる場合があります。
局所麻酔薬を大量に使用された場合は、血管内に注入されると局所麻酔薬中毒を起こす可能性があります。
この状態が続くと無呼吸、心停止など命に関わる重篤な症状を発症するらしいです。

※神経原性ショックになるらしいです。
痛みが強くなりすぎると迷走神経反射がおこり、急激な徐脈(脈が遅くなる不整脈)、血圧低下などが起こすこ場合があります。これも命にかかわる重篤な症状を発症するらしいです。
※アナフィラキシーショックになるらしいです。
局所麻酔薬自体によるアレルギー反応、局所麻酔薬に添加されている薬物がアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)となる可能性があります。多尿、呼吸困難(呼吸促迫)、低血圧、脳炎、失神、意識不明、蕁麻疹、紅潮、流涙(血管性浮腫やストレスによる)、嘔吐、掻痒、下痢、腹痛、不安、血管性の浮腫(口唇、顔面、首、咽喉の腫脹などがある。悪寒や戦慄などはアナフィラキシーショックの前駆症状である場合があるらしいです。

※神経損傷になるらしいです。
針による神経損傷を起こす可能性があります。
この事により患者様が気をつけないといけないことは、ご自分の病気についてしっかりと伝えることだと思います。
その事により、埼玉県三郷市にあります三郷たいよう鍼灸整骨院では、ブロック注射以外でも根本的改善(当院独自の治療療法)を目指します。あなたも日常生活を楽しく健康寿命を伸ばしてみませんか?

 

坐骨神経痛でお悩みの方はこちら

三郷たいよう鍼灸整骨院公式サイトはこちら

三郷たいよう鍼灸整骨院

〒341-0024埼玉県三郷市三郷1-5-4 代表施術者:後藤崇(柔道整復師)