産後の腱鞘炎って治るの?

こんにちは!三郷たいよう鍼灸整骨院です。
今回は
「産後の腱鞘炎って治るの?」

「子どもを抱っこしていると、手首に違和感がでてくる」
「子どもを抱き上げたら、手に激痛が走った」
子育て中のママに多いトラブルのひとつに、腱鞘炎があります。
病院に行ったら、とにかく安静にしてあまり使わないようにと言われた。と言われても子育て中に使わないないなんてあり得ない。「痛いなぁ…」と放置していると、悪化してしまいことも。
赤ちゃんを抱っこできない程の痛みを感じたり、オムツ替えで痛みがでる、なんてことも。
これでは子育てに支障が出てしまいます。
今回は、産後の腱鞘炎になってしまう原因と、その対処法についてお話ししていきます。

 

慣れない育児で手を酷使してしまう。
小さな赤ちゃんでも頭は重く、なかなか寝ない赤ちゃんを寝かしつけるのは、手首にも負担がかかり、腕も疲れますよね。
思っている以上に手は使われています。
また、女性ホルモンに「プロゲステロン」というものがあります。この女性ホルモンも関節に影響していると言われています。
プロゲステロンは骨盤以外でも全身の関節にも影響します。そのために、全身の関節が「ゆるゆる」の不安定状態になってしまいます。そのためお子様を支える時に関節がしっかりと支えられず、筋肉や腱などに過剰の負荷をかけてしまうのも原因の一つと考えられます。

症状の段階
初期
指や手首が動かしにくく、違和感がある

中期
指や手首が腫れっぽくなり、熱感がある

後期
何もしてなくても痛い!動かせない

後期は末期です。なるべく初期の段階で何かしらの治療を受けましょう。
遅くなればなるほど改善はしにくくなります
いつまで続くかとは個人差がありますが、軽い症状の場合は数日で解消する場合もありますが、症状が重くなると数ヶ月痛みがひかないこともあります。
また、ホルモンバランスが落ち着いてきたら改善する場合もあります。

 

腱鞘炎は関節を動かしすぎることで起こります。
熱を持っている時は、炎症部分をアイシングしてあげることも大切です。氷や氷嚢、ケーキなどについてくる保冷剤などを利用して直接冷やすなどが良いでしょう。
数日冷やし、熱っぽさがなくなってきたら、患部を温めながらマッサージをします。炎症部分を直接マッサージすると、返って悪化することもあるので、周囲をマッサージするようにします。
テーピングやサポーターで患部を固定してあげることで、これ以上動かさないようにし、痛みを軽減させることもできます。

しかし、自分で処置することは子育て中のなか中々うまくいかないものです。
無理はせず、これは無理だなと思ったらすぐに夢の整骨院・鍼灸整骨院にご相談ください。
痛いことで子育てに集中できない、イライラする、といったことが一番、赤ちゃんにも、ましてはママに良くないです。

夢の整骨院・鍼灸整骨院ではお子様づれでも来院可能です。お困りの方はぜひ一度お話を聞かせてください。お役に立てることがあるかもしれません。

詳しくはこちら

腱鞘炎に関するページはこちら

三郷たいよう鍼灸整骨院

〒341-0024埼玉県三郷市三郷1-5-4 代表施術者:後藤崇(柔道整復師)