野球肘

  • 肘の内側が痛い
  • 肘が痛くて完全に曲げ伸ばしをするのが辛い
  • 痛みがあるけどレントゲンでは異常が見つからなかった
  • ボールを投げたり、投げた後に肘が痛い
  • ボールを投げ続けると痛みが和らぐ

そもそも野球肘とはどのような症状なのか

スポーツをやることによって肘にも負担がかかり、色々な障害が起こります。野球肘というのはその名の通り野球をしている子に多く、ボールを投げすぎたりしたことによって肘が痛くなったりと様々な症状がでる事を言います。

野球肘になりやすいのは小学校高学年がとても多く、中学生や高校生もなると言われています。これは、成長期には成長軟骨という軟骨があると言われていて成長しきってしまうと症状が出ない可能性もあります。

症状としては、ボールを投げる時や投げた後に肘が痛くなります。そして、投げ込んでいくうちに痛みが無くなっていく為余計に肘を使ってしまい投げ終わった後の痛みが増すこともあります。また、肘が上手く伸びなかったり曲げる動作が上手くいかなくなったりと急に動かせなくなったりします。というのも、ボールを投げる動作というのは、ただ肘の曲げ伸ばしをするだけでなくひねる動作も加わるため、肘の関節にストレスがかかります。成長期にあるお子さんというのは、関節や筋肉・骨などが完成していないためにこの時期にボールを投げる動作を繰り返してしまうと野球肘の症状が出てしまうというわけです。この野球肘というのはあまり症状を感じない人もいて、痛みを感じた時には手遅れとなる場合もあるので野球をしている人は注意が必要です。

病院やよくある整骨院での一般的な野球肘の対処や施術とは?

マッサージをしてこっている部分だけのアプローチや、シップや痛み止めで痛みを抑えることがあります。

「こり」は筋肉の疲労を表しているため、筋肉をマッサージするのですが、筋肉がこってしまう原因を改善できないと、一度マッサージをしてもまた戻ってしまうということになります。

あなたもそういった経験があるのではないでしょうか?

野球肘の原因

原因は簡単です。繰り返しボールを投げる動作で肘への負担が多くなることが原因です。先ほど書いた通りにボールをある程度投げていると痛みを感じないので使い過ぎてしまうことがあるので注意が必要です。成長期というのは骨や筋肉が繰り返しの刺激にとても弱いのと、技術向上の練習をし過ぎてしまう為、悪化させてしまいやすくなります。

ボールを投げる動作をすると肘の内側では、引っ張る力が起こり、外側というのは軟骨同士が圧迫させる力が起こります。さらに捻ったり、ずれる力も加わってしまいます。野球のカーブとというのはその力がさらに強く負担がかかるために、少年野球ではカーブが禁止されています。

三郷たいよう鍼灸整骨院の施術とは

埼玉県三郷市と千葉県松戸市で3院ある(八柱・みのり台)合同会社Grand Dream coグループでは、患者様一人一人の症状に合わせた身体のバランスを調整させていただきます。

また、日常生活で正しい姿勢が取れるように患者様一人一人の正しい姿勢をお伝えしています。他にも普段の生活で出来るストレッチなどもお伝えし、患者様が来院出来ない日でもご自宅などでできる事を提案させていただいてます。

当院のスタッフ一同、患者様にも趣味や日常生活での「夢」を応援したいと考えています。
  • 野球を全力で楽しみたい
  • 肘の痛みを気にせず投球したい
  • 肘の痛みを気にせずに生活したい

もし、今こんな風になりたいと考えた人はぜひ埼玉県三郷市と千葉県松戸市(みのり台・八柱)の合同会社Grand Dream coグループまでご相談下さい。スタッフ一同全力で対応させて頂きます。

院内紹介

時間をかけて、痛みの理由を突き止め、ご不安なことについてはわかりやすくご説明致します。

バキバキ・ボキボキ・ギュウギュウしない体に優しい整体です。お子様からお年寄りまで安心して受けられております。

 

お一人お一人に合わせたオーダーメイドの施術で根本回復へと導きます。

施術効果を持続アップさせるため、わかりやす言葉で食事・姿勢・運動などセルフケア指導にも注力

当たり前ですが、タオル交換・アルコール消毒など衛生管理を徹底して、安心して通える環境作りを心がけております。

小さなお子様連れでも女性スタッフも多数在籍しておりますので、安心してご予約時にお申し付けください。

三郷市三郷駅から徒歩3分でアクセス便利です。近くのコインパーキングの200円まで三郷たいよう鍼灸整骨院が負担致します。

ご予約・お問い合わせはコチラ

三郷たいよう鍼灸整骨院

〒341-0024埼玉県三郷市三郷1-5-4 代表施術者:後藤崇(柔道整復師)