足関節捻挫

  • 歩くと痛みがある
  • 立っているだけで痛みがある
  • 病院で靭帯損傷と言われた
  • 腫れが引いたのに痛みがある
  • 階段の段差で転んで捻ってしまった

そもそも足関節捻挫とはどのような症状なのか

足関節捻挫と言っていますが簡単に言うと「足首の捻挫」です。またの名前を「靭帯損傷」と言います。

捻挫というのは、骨と骨をつなぐ靭帯の部分が無理やり引き伸ばされてしまい、伸びてしまったり切れてしまったりするケガです。ですので関節の部分がケガをしますのでそれ以外の所では捻挫はおきません。

捻挫のほとんどは、なにかのはずみで足の関節を内側に捻ってしまいなります。その際に骨と骨をつなぐ靭帯が引き伸ばされてしまう為、痛めてしまいます。そして、外くるぶしの前や下の所が痛み、腫れてしまいます。さらにその部分をおさえると痛みを感じます。

スポーツのケガの中では一番多いケガと言われていますが、軽い捻挫でもしばらくは思うようにスポーツが出来なくなります。しかし、ひどい捻挫になると痛みが残ってしまったり、運動能力が落ちてしまったりします。

捻挫になってしまったら、後遺症なく過ごす為にも早めの対応が必要になります。スポーツで多いけがと言いましたが、スポーツ以外でも歩行中や段差で足首を捻って捻挫になってしまうこともあります。

足関節捻挫の症状として

ただ、内出血がある場合は、靭帯が切れている部分があったり、完全に切れていたりします。捻挫だと思っていても松葉杖がないと歩けないくらい重症の場合もあります。

捻挫をしてしまった後で必要な事

1~3週間後にリハビリをしましょう

捻挫をした直後は、その部分の施術などをしてもらうと思いますが、痛みや腫れが引いてきたらストレッチや筋トレをし繰り返さないようにした方が良いとされています。捻挫の程度にもよりますが、1から3週間後に初めてみてください。

基本的には、弱った筋力を戻したり、関節を硬くしないストレッチがオススメとされています。簡単にすぐできるものとして足首を回すストレッチが良いです。実はハイヒールを履く女性にとってもこのねんざの後のリハビリをすることによってハイヒールを履きこなす訓練にもなると言われています。

院内紹介

三郷たいよう鍼灸整骨院の施術とは

埼玉県三郷市と千葉県松戸市で3院ある(八柱・みのり台)合同会社Grand Dream coグループでは、患者様一人一人の症状に合わせた身体のバランスを調整させていただきます。

また、日常生活で正しい姿勢が取れるように患者様一人一人の正しい姿勢をお伝えしています。他にも普段の生活で出来るストレッチなどもお伝えし、患者様が来院出来ない日でもご自宅などでできる事を提案させていただいてます。

当院のスタッフ一同、患者様にも趣味や日常生活での「夢」を応援したいと考えています。
  • 歩っても痛くない
  • 足を気にせずに歩きたい
  • 足を庇わずに歩きたい

もし、今こんな風になりたいと考えた人はぜひ埼玉県三郷市と千葉県松戸市(みのり台・八柱)の合同会社Grand Dream coグループまでご相談下さい。スタッフ一同全力で対応させて頂きます。

時間をかけて、痛みの理由を突き止め、ご不安なことについてはわかりやすくご説明致します。

バキバキ・ボキボキ・ギュウギュウしない体に優しい整体です。お子様からお年寄りまで安心して受けられております。

 

お一人お一人に合わせたオーダーメイドの施術で根本回復へと導きます。

施術効果を持続アップさせるため、わかりやす言葉で食事・姿勢・運動などセルフケア指導にも注力

当たり前ですが、タオル交換・アルコール消毒など衛生管理を徹底して、安心して通える環境作りを心がけております。

小さなお子様連れでも女性スタッフも多数在籍しておりますので、安心してご予約時にお申し付けください。

三郷市三郷駅から徒歩3分でアクセス便利です。近くのコインパーキングの200円まで三郷たいよう鍼灸整骨院が負担致します。

ご予約・お問い合わせはコチラ

三郷たいよう鍼灸整骨院

〒341-0024埼玉県三郷市三郷1-5-4 代表施術者:後藤崇(柔道整復師)