脊柱管狭窄症

院内紹介

病院などで脊柱管狭窄と診断されて、現在、将来が不安におもっているあなたへ

あなたがこのページをみているということはどこかで「脊柱管狭窄症」と診断され、頑張って整形外科や整骨院に通院をしているけども、なかなか改善しないので、将来が不安になってしまった人やご家族や身近な人が悩んでいるので助けたいと感じている人ではないでしょうか?

手術しても治らない

脊柱管狭窄というのは手術を勧められる方が多い症状です。しかし、手術後に痛みが増してしまったり手術前とあまり変化が出ない人が大半です。

三郷たいよう鍼灸整骨院でも手術をした人が「痛みが変わらないし、長時間歩くのが辛い」とのお声もいただいております。

しかし、なぜ手術をしたにも関わらず脊柱管狭窄は改善しないのでしょうか?

私たちは根本的な原因にきちんとアプローチできていないのが原因だと考えます。

 

脊柱管狭窄は老化現象だと言われています。

骨と骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板が薄くなってしまい、衝撃に耐えられなくなるので骨についている靭帯が補強するように厚くなってしまい、脊柱管の部分が狭くなり、その結果として神経や血管を圧迫し、足への血流や神経伝達に支障が出てしまうのです。

もし、この症状が老化現象であれば、お年寄りはみな脊柱管狭窄になっていなければおかしな話になります。

ですので、三郷たいよう鍼灸整骨院が考える脊柱管狭窄の本当の原因は、骨盤の歪みからくる背骨のずれであったり、足首や膝・股関節の動きが悪くなってしまうことで腰への負担が増加してしまうためだと考えます。

三郷たいよう鍼灸整骨院の脊柱管狭窄での施術は、姿勢の分析を行いどこが原因となって脊柱管狭窄になってしまってるかを検査します。

姿勢を分析することにより、腰以外の原因となるポイントをみつけ、動きが悪くなっている関節を正常に動かせるようにアプローチしていきます。

大元のずれの原因は歪みからくる背骨のずれ

三郷たいよう鍼灸整骨院に来院されている患者様のほとんどが、姿勢を分析した結果、腰からの原因ではなく、骨盤や足首・膝・股関節の硬さ、歪みからくる背骨のズレが97%以上いました。

痛みが強い時は、腰へのマッサージ・注射や薬・湿布などで痛みを和らげていきたい気持ちがあるかと思います。しかし、それらの方法では対処療法であり、根本的な施術ではないと言えます。

もし、今歩くのがとてもつらい状況で将来に不安を抱えているのであれば三郷たいよう鍼灸整骨院までご相談ください。

必ず納得のいくご説明と施術を提供いたします。

時間をかけて、痛みの理由を突き止め、ご不安なことについてはわかりやすくご説明致します。

バキバキ・ボキボキ・ギュウギュウしない体に優しい整体です。お子様からお年寄りまで安心して受けられております。

 

お一人お一人に合わせたオーダーメイドの施術で根本回復へと導きます。

施術効果を持続アップさせるため、わかりやす言葉で食事・姿勢・運動などセルフケア指導にも注力

当たり前ですが、タオル交換・アルコール消毒など衛生管理を徹底して、安心して通える環境作りを心がけております。

小さなお子様連れでも女性スタッフも多数在籍しておりますので、安心してご予約時にお申し付けください。

三郷市三郷駅から徒歩3分でアクセス便利です。近くのコインパーキングの200円まで三郷たいよう鍼灸整骨院が負担致します。

ご予約・お問合せはコチラ

048-934-9164

三郷たいよう鍼灸整骨院

〒341-0024埼玉県三郷市三郷1-5-4 代表施術者:後藤崇(柔道整復師)