おでこの辺りの頭痛の原因と治す方法 三郷たいよう鍼灸整骨院

頭痛①おでこの辺りや頭の前の方(前頭葉)で起こる

・片頭痛
何らかの原因で血管が拡張したり、顔にある三叉神経が刺激されることで痛みが出ま
す。

・副鼻腔炎による頭痛
顔面にも痛みが生じることがあり、おでこが痛くなることが多いです。

・緊張型頭痛
日頃から精神的なストレスを多く抱えていたり、長時間同じ姿勢を続けていることな
どが原因で発症します。

②原因

・肩こり、首こり
同じ姿勢を長時間続けていると、肩こりや首こりの原因となります。
肩こりは頭痛の原因となるため、おでこの痛みにもつながります。

・姿勢が悪い
背骨が曲がった状態を長時間続けていると、肩や首などに大きな負担がかかり、頭痛や
おでこの辺りの痛みにつながります。

・ストレス、疲労
精神的なストレスや疲労は体全体が緊張状態になり、自律神経が乱れ、脳が興奮した  状態になり、疲労をため込むことりより、筋肉がこり、固くなるので、固くなった筋肉が神経を圧 迫して痛みを引き起こします。

・寝不足
前日にたまった疲れがとれず、疲労物質がたまり神経を収縮させるため、おでこの頭痛
を引き起こします。
しっかり睡眠時間が確保されていても、睡眠が浅い、枕の高さが合っていない、うまく
寝返りができていないことで、痛みを招いてしまうことがあります

・眼精疲労
目のまわりの筋肉はおでこにかなり近いので、眼精疲労が原因でおでこに痛みを感じて
しまいます。
特に夕方から夜にかけて痛みを感じる時は、日中に目を酷使したことが影響している可能性が高いです。

・糖分の取りすぎ
空腹時に糖分を多く取ると、おでこや頭に痛みが出やすくなります。

・カフェインの捕りすぎ
血管を収縮させる作用があるため、縮んだ血管が広がると、筋肉も拡大し、神経を圧迫させます。

③おでこが痛い頭痛の治し方

・ツボを押す
睛明:目頭と鼻の間のくぼみのある部分
完骨:耳の後ろで骨が膨らんでいる部分から指一本分上にある
外関:手の外側で手首の関節の真ん中から指二本分手前にある

・入浴する
血液の流れが悪くなって痛みを引き起こしているので、ゆっくりと温かいお風呂に入ることで改善できます。

・適度な運動をする
運動をすることで、体の代謝活動が活発化して自律神経を整えることにもつながります。

・市販の痛み止め薬を服用する
根本的な治療にはつながりませんが、市販の痛み止めを服用することで、痛みを緩和させることができますが、痛み止め薬に頼りすぎると慢性化してしまうので注意しましょう。

三郷たいよう鍼灸整骨院では、頭の不調の施術に特化した国家資格者が在籍していますので、お悩みの方は一度お問い合わせください。

三郷たいよう鍼灸整骨院

☎048-934-9164

 

おでこの辺りの頭痛の原因と治す方法はこちら

 

三郷たいよう鍼灸整骨院公式サイトはこちら

 

三郷たいよう鍼灸整骨院

〒341-0024埼玉県三郷市三郷1-5-4 代表施術者:後藤崇(柔道整復師)